シャッタースピード

シャッタースピードは、速くするか遅くするかを設定することがせきます。
速く設定すると写真のブレを抑えることができ、動いている被写体も時が止まったかのように撮影することが出来ます。
遅く設定すると被写体がブレて写りやすくなるので、動きを表現したい場合に有効です。

○同じ被写体でシャッタースピードを変えて撮影するとこのようになります。

○流し撮りでの写真です。カメラ自身が動いている状態で撮影すると画面がブレて写ります。このように動きを表現する事も出来ます。

Copyright (C) 初めてのデジタル一眼レフ教室. All Rights Reserved.