ISO感度とは

ISO感度とは、写真撮影をする時の光の感受性の高さを示している数値です。
ISO感度は100,200,400,800,1600といった数値が一般的に使われていますが、数字が小さければ低感度、大きければ高感度となります。
高感度の場合は少ない光でも写真を撮ることができ、低感度では多くの光を必要とします。
夜景や暗いところではISO感度が高いと、シャッタースピードを早くすることが出来るためブレにくくなります。しかし、少ない光での写真撮影となるので画像が粗くなってしまったり、色の鮮やかさに欠ける写真となってしまうことがあります。
反対にISO感度が低い場合は、多くの光での写真撮影となるので画質はキレイなのですが、シャッタースピードが遅くなるので写真がブレやすくなってしまいます。
撮影時のシチュエーションによって、バランスの良い設定をすることが必要です。

○ISO感度の設定画面

○高感度と低感度での撮影の極端な例です。
低感度で夜景を撮影すると、シャッタースピードが遅くなるためブレやすくなります。
高感度での夜景撮影ならシャッタースピードが短くなるのでブレにくくなります。ただ、画像の粗さには注意が必要です。

Copyright (C) 初めてのデジタル一眼レフ教室. All Rights Reserved.