絞り(F値)とは

絞りとはレンズの光を取り込む穴の事で、絞りの開きをF値と言う指数で表しているようです。
カメラのF値を小さくすると絞りが大きく開き、背景をボケさせて撮影することが出来ます。
反対にF値を大きくすると、絞りが小さくなり背景がボケにくくなります。

○同じ被写体をF値を変えて撮影した写真です。絞りを開くことにより背景がボケて被写体を強調することが出来ます。背景がボケるということは、ピントが合う深さが狭くなるということで、このピントが合う深さのことを被写界深度と言います。

Copyright (C) 初めてのデジタル一眼レフ教室. All Rights Reserved.